「理論」と「実践」から考える経営とマーケティングセミナー

セミナー概要

  • 受講者:流通経済大学3年生
  • 時間:2時間
  • 開催月:2010年11月
  • セミナーテーマ:「理論」と「実践」から考える経営とマーケティング
  • <概略>大学や本で学ぶ経営理論、コンサルタントの語る経営理論
    その有用性と限界を、商学部卒業コンサルタント出身経営者がわかりやすく語ります


出典:文部科学省、厚生労働省『平成22年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査』(平成22年10月1日現在)
<参照URL>http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000weq7.html
-

大学で学ぶ経営やマーケティングの理論、および多くの経営の現場に携わりかつ自らも経営者となる中で学んできた、大学で学ぶ「理論」と経営の現場における「実践」について、理論の有用性や限界などについて講演を行いました。
できるだけ、グループワークなどを入れながら、自分で考え腹落ちをさせることを重要視しました。

-

-

「理論」と「実践」から見る経営とマーケティング

  • 理論と現場、理論を知っていることの重要性
  • 経営者と経営コンサルタントの違い
  • マーケティング(ビジネスモデル、差別化、数値)、マネジメント、ファイナンスの感覚
  • インターネットビジネスの本当のところ、成功事例から学ぶネット市場
  • 業界分析のポイント、各ビジネスの数値からビジネスモデルを知る

起業について

  • 起業のきっかけ
  • 起業分野の選定
  • 学生時代から今までの道のり
  • 起業の苦労話と企業の良い点・悪い点

学生時代にしておいたほうがよいこと

  • どうなりたいのか目標を立てる
  • 努力をする、新しいことにチャレンジする、言い訳をしない
  • 多くの優秀な人に囲まれる環境を作る
  • 就職活動を最大限に活用する、自分とは違うタイプの人と付き合ってみる

学生さんが興味を持ってセミナーに参加できるように高橋メソッドを基本として、グループワークを入れながらのセミナー構成にしました。


-

単位の為の勉強など座学に価値が見いだせず、勉強に力が入らなかった学生さん。今自分が学んでいる経営やマーケティングの理論が将来社会人になったときに、うまく使いこなすことができれば仕事をスムーズに的確に進めるためのツールとなることを理解いただけたと思います。理解できなかったとしても、そういったことを考えるきっかけにはなったと思います。

ただ無目的に勉強するのではなく、その勉強が将来の仕事でどう活きてくるのかをワークなどを通して理解してもらいました。

わかりやすく興味を持ってもらうことを意識した構成は、学生さんにも好評でした。また2月に「就職活動」をテーマに講演をさせていただく機会を頂きました。


<セミナーアンケート一部抜粋>
1.本日の講演はどの程度参考になりましたか?







2.セミナーの進め方は良かったですか?



-
-
-
△page top
-